スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスカ・レイ(幼年期)製作記 4

こんばんは^^

早速前回に引き続き綾波を弄っていきます。
今回で綾波についての改修はほぼ終わりになります。

IMG_1185.jpg前回の予告どおり、綾波の足を分割していきます。
この作業も左腕の分割同様、特にしなくても大丈夫なんですが、塗装作業・表面処理を簡便にしたいので…

画像はすでに分割の途中ですが、分割する前の下準備は以下の2点。
・分割したいパーツに届くぐらいの深い穴を開けておく(これは分割後の軸になるのですが、分かりやすいように真鍮線を差してあります)
・前の接合状態に戻せるように2~3箇所にガイドを書いておく(鉛筆で書いたラインです)

今回「切断するライン(パンツと足との境界線)が直線に近い」という理由で右足を選択しましたが、どちらでもOKな時は軸足(体重の掛かった方の足)でない方を分割した方が良いです。

この子は内股にゴツイバリがあったんですが、削れる範囲で処理しておいた方が後の作業が楽ですが、分割してしまってから処理してもOKです。

今回0.1のタガネでチマチマ彫りながら切断しましたが、エッチングソー等で切断してもOKです(理由は後述します)。

IMG_1186.jpgパンツモールドと比較してですが、形状修正は足の方が難易度が低いので足側を犠牲にしてちょっとずつ掘り進めます。
イメージとしては、一箇所だけを彫るのではなく全体の溝をを少しずつ深くする感じです。

ある程度掘り進めたら、力技で折っちゃいます。

キレイな面が欲しいのはパーツ表面に近いところだけですので、律儀に全部彫る必要はないです。
やると高確率でタガネを折るハメになります(苦笑

IMG_1187.jpgお世辞にもキレイとは言えなかった断面を処理していきます(#400まで)。

どうせ後でこの面にはパテが入りますので、1mmぐらい削るつもりで凸凹だった断面を均していきます。
前々回の「軸打ち」で若干触れましたが、今回は右足に軸を残し、パンツ側を「受け」としますのでパーツ保持のために小さなダボを彫っておきました(穴の左横)。

IMG_1188.jpgパンツ側に離型処理をし、足側にエポパテを延ばして『ムギュ』します。

半硬化状態で剥がした状態が左画像の状態です。
ダボまでキレイに写せているのがお分かりになりますでしょうか。

この『ダボ作成』は、軸打ちができないような薄いパーツの固定に有効ですので、覚えておいて損はないと思います。

IMG_1189.jpg二度手間になりますが、パーツ表面にエポパテのグレーを出したくなかったので、パーツ表面に近いところのエポパテを削り取り、この部分をシアノンパテに置換します。
ちなみに1.5mm分ぐらい削っておくと、表面に影響しません。

ここで再度パンツ側に離型処理をして…

IMG_1197.jpgさっきの状態から、足側にシアノンパテを盛りつけて『ムギュ』した状態です。この時の写真を撮り忘れていたようで、画像はアスカの時のものですが(汗

硬化後、不要部分を削って整面すれば作業完了です!
結構駆け足での製作記事になってしまいましたが、大体の感じは掴んで頂けたかと思います。

今回私は分割にタガネを使いましたが、それほどライン取りがシビアでないような面であればエッチングソーやレザーソーでカット→切断で失われた面をパテで再生、とすれば全く問題ありませんし、要は、先の分割に手間を掛けて後の面処理で楽をするか、先の分割で楽をして後の面処理に手間を掛けるか、という部分ですから、この辺りはお好みで処理されても構わないと思います。

これで綾波の改修は終わり!(表面処理という恐ろしいモノが待っていますが… 汗

では皆さんお待ちかね(笑)のアスカの改修に入っていきます。

IMG_1159.jpgとその前に。
こないだの軸打ち記事の反応が嬉しかったので、調子に乗って軸打ちPART2!(貫通)です(笑

画像はアスカの顔パーツです。
ここに前髪パーツが付くんですが、ご覧のようにダボがなく非常にのぺっとした状態になってます。

前髪パーツ自体は軽いものなので軸を打たずにそのまま接着、または先ほどの『ダボ作成』だけでも十分なんですが、サンプルにちょうど良いのでこのパーツを使って説明していきます。

IMG_1162.jpgこちらは前髪パーツです。

頭部の形状を考えて、この位置に穴を開けました(角度も大事ですが、それほどシビアにならなくてもOKです)。
このように貫通させる側の面がシンプルであれば、後の面処理が楽に行なえます。
一旦この状態で頭部に仮接着します。

IMG_1163.jpg先ほど開けた穴をガイドにして、穴を開けます。
正しい位置で固定された状態で穴を開けることになりますので、軸ズレの心配は一切ありません。

画像は分かりやすいように真鍮線を貫通させた状態のものですが、パーツ表面に真鍮線が出ないように注意して任意の長さにカットします。

bitmap.pngパーツ表面に残った穴にシアノンパテを埋め、整形してやれば完成です。

水色点線で囲んだ部分がシアノンで埋めた部分ですが、このようにほぼ目立ちません。
それこそサフレス塗装に拘らなければ全く問題のない仕上がりになりました。

ちなみに前々回の「穴を大きめに開ける」と今回の「ダボ作成」「貫通させる」を覚えておけば、軸打ちで困ることはほぼ無いと思いますので、ガレキを作る方は参考にしてみてください^^


今回もこの辺でキリが良いようなので…

次回もアスカを弄っていきます^^
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : HowTo

アスカ・レイ(幼年期)製作記 1

こんばんは^^

まずはお知らせ。
ブログレイアウトを変更しました。
右サイドメニューの最新コメントの欄が2行に分かれて見づらい感じだったので、横幅増量。
それに伴い、プロフィールの部分が間延びして見えたので、こちらも変更しました。
一応私の環境では意図通りに見えてはいるのですが、ご覧の環境で見えづらい!等ありましたら遠慮なく仰ってくださいね^^


さて、次作はこちらになります。
IMG_1132.jpgクルシマ製作所から「1/8 アスカ,レイ(幼年期)」です。

実はこのキット、昨年色々とお世話になったお返しにと、ブロ友の竜さんに同じものを送りつけてたりするんですが、めでたく(?)競作と相成りました(笑

綾波推しの私としましては、商品名が何ゆえアスカ、レイという並びなのか、綾波は1stチルドレンだし素直に「レイ・アスカ」でいいんじゃないの?とか…(単なる個人的感傷です 汗)

IMG_1133.jpg早速仮組みしてみました。

こちらのキット、原型は私が尊敬する原型師の一人、片山博喜氏ということでほぼ衝動買いしてしまったものだったりしますが、片山氏らしい柔らか味のある、非常に可愛らしい造形となっております。

ですが、気になる点も数点ありまして、今回もそういったところを潰していくという製作スタイルになりますので、よろしくお願いいたします^^

IMG_1140.jpgということで、まずは問題点の洗い出し。

コチラはアスカの頭部パーツですが、ご覧のように瞳描きのガイドとなるモールドが入ってます。
片山氏のキットには漏れなく入ってるモールドなんですが、前回のサンタアスカ同様、私には必要ないので後ほど埋めます。

IMG_1141.jpgお次はアスカの下半身パーツです。
アスカのパーツ紹介が続いていますが他意はありません(笑

ご覧のように、両足が同一パーツ上にありまして、内腿に少々キツ目の段差アリ、またスキマ自体が狭いので塗装もしづらそうです。

…分割するか迷うところです。

IMG_1138.jpgお次、綾波の胴体パーツです。

左手が一体モールドされているんですが、胴体と接する部分の造形がかなりアヤシイです(汗
ここは彫ったりするよりも、潔く分割した方が良さそうですね。

IMG_1139.jpgさっきのパーツを横から見たところです。

胸元にポンポン付のリボンがモールドされているのですが、こちらも少々怪しいモールドになっています。
また、このままでは塗り分けもしんどそうなので、別パーツ化を視野に入れておきます。

IMG_1142.jpgアスカの頭部パーツが接続される部分です。

首元になかなかにゴツイレジン漏れがありますね(笑
上の仮組み状態で感じたことなんですが、
・綾波と比較して背が小さすぎる
・首が埋まって見える(ポージングのせいもありますが…)
この辺りもなんとかしたいところですね。

現時点で特記するようなポイントはこれぐらいですが、予定は未定、ということで…
とりあえず今回も結構な工事になりそうな予感です(笑


上に挙げたポイントはおいおい記事にしていくとして、ここらでちょっとHowTo系を挟みます。

こういったフィギュアというとガレージキットがほとんどになりますが、ガレキはどうも敷居が高い…と思ってる方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
そう思わせる原因の一つにパーツ同士をしっかり接合させるための『軸打ち』があると思うので、今回ちょっと取り上げてみたいと思います。

IMG_1152.jpgさて、ご用意したのは綾波の胴体と下半身です。
ガレキを作ったことのある方なら誰しもこういった『軸ズレ』は経験したことがあると思います。

HowTo本等には軸打ちには真鍮線を推奨されていることが多いのですが、その硬さゆえに開ける穴のベクトル・位置を間違えると間違いなく左図のようになってしまいます。

こうなってしまうとテンション下がっちゃいますよね。

で、こういった軸ズレを解消するのに「真鍮線ではなく一段柔らかいアルミ線を使用する」というのがネットなどに流通している一般的な方法かと思います。

が!ですよ、ガッチリ固定したいが為の軸打ちなのに柔らかい金属を使うって本末転倒な気がしませんか?
ということで画期的!とまではいきませんが、私の方法をご紹介いたします(前置き長い)。

IMG_1153.jpg左画像は下半身パーツを上から見た図ですが、大抵このような簡易ダボが付いていると思います。
そのダボの中心付近に画像のような穴を開けるのですが、これに一工夫加えます。

今回軸に使うのは2mm径の真鍮線ですが、胴体側にはきっちり2mm、下半身側には3㎜ドリルで穴を太く開け直しました。これが後に活きてきます。

IMG_1154.jpgこの状態で再度合わせてみました。
軸ズレがバッチリ解消できたのが確認できると思います。

3㎜で穴を開けたことでクリアランスが生まれ、その生まれた余裕が穴の位置・ベクトルのズレを吸収したということです。
もしも3㎜でもズレが収まらない場合は、3.5mmもしくは4mmで開けるなどしてズレがしっかりと収まるようにします。

もちろんこのままではグラグラで使い物になりませんので、次の工程にいきます。

IMG_1156.jpg次はその真鍮線の固定です。

先ほど大きめに開けた穴にポリパテやエポパテを少量詰め(私はシアノンを詰めました)た状態で真鍮線を差し込みます。
反対側(この場合は胴体側)のパーツにはメンタム等で離型処理をしておき、再度上の状態のように合体。詰め物が硬化するまで放置、という流れで軸が適正な位置で固定されるという訳です。

IMG_1155.jpgここで真鍮線に一工夫です。
接着する側の端に画像のようなギザギザを付けておくと、真鍮線の脱落防止になります。

触れておくのをすっかり忘れておりましたが、パーツに軸を打つのには塗装の際の『持ち手』を作っておく、という意味があり、私は1パーツごとに別途持ち手をつけるのがめんどくさいということから、小さいパーツは軸=持ち手にしています。

そういう意味合いから、軽い方のパーツに大きめの穴を開けて最終的には軸を固定、胴体等の重い方のパーツは穴のままおいておく、という具合にしています(この場合、胴体側には深く穴を開けておくと、持ち手としての長さが取れるのでオススメです)。

もちろん、真鍮線を固定せず両パーツ共穴のまま(その際はギザをつけずに離型処理を行なってください)で、塗装時のみ長い金属線や千枚通し等お好みのモノを差し込み持ち手にする、というのも一つの方法ですので、そのあたりはお好みで選択してください。


…と、またもや記事が長くなってしまったので、今回はこの辺で^^;

初めてのHowTo記事でしたが、少しはお役に立てましたでしょうか?


次回、記事前半で触れた箇所の改修に入ります^^

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : HowTo

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

煙水晶

Author:煙水晶

ガンダムとエヴァをこよなく愛す
アラフォーモデラー。
二児のパパ。
Made in Osaka.

過去ブログはコチラ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ユーザータグ

HowTo マテリアル 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。